日本語 ▼

ニュースセンター

アジアインフラ投資銀行の代表団が成都パンダ基地を視察

時間:2019-10-11 13:07:47 シェア:

 

 今年の9月下旬、アジアインフラ投資銀行(以下、AIIB)の取締役會議が成都市で開かれ、9月21日の午後には、會議に出席する各國や地域の代表者らが成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地(以下、成都パンダ基地)の視察に訪れました。成都パンダ基地の視察は、今會議の重要な一部として日程に組み込まれたものです。成都市委員會、成都市政府、および成都市公園都市建設管理局の指示のもと、成都パンダ基地は各準備を著々と進め、今回の視察は無事に終了しました。

 今回の視察の一番目の訪問先である成都パンダ基地は、入念に準備を進めてきました。AIIBの代表者らによる準備委員會や関係機関との調整を重ね、今回の視察プランや成都パンダ基地のスタッフの解説內容を練り上げてきました。約2時間の視察の間、科學研究を応用したジャイアントパンダの繁殖と育成、教育普及、教育観光、國際協力、パンダ文化ブランドの創造、およびジャイアントパンダの野生復帰の研究の現狀について、成都パンダ基地のスタッフから代表団一行に解説がありました。その他にも、ジャイアントパンダの個體情報や興味深いストーリーがスタッフから披露されると、代表団一行は “中國の國寶”であるジャイアントパンダに対する興味と理解を深めている様子でした。

 今回の視察を経て、代表団一行は成都パンダ基地における科學研究の成果や、保護教育、教育観光など各分野における功績を大いに評価していました。また、成都パンダ基地の美しい自然環境と恵まれた自然資源に深い印象を受けた様子でした。

 

 


成都パンダ基地のスタッフから基地について解説を受ける代表団一行


月の産室の屋外運動場を見學する代表団一行


ジャイアントパンダの解説を受ける代表団一行


2019年生まれの赤ちゃんパンダを鑑賞する代表団一行
 

住所:中國四川成都外北成都大熊貓繁育研究基地、郵便番號: 610081
?2007成都大熊貓繁育研究基地

河南十一选五介绍